CONCEPT

わたしたちの思い

地域社会の発展に寄与するためーー
私たち静岡ガスグループは、長い間この企業理念を大切にしてきました。

そして創立110周年。
日本にとっても大きな節目を迎える2020 年に、これまでの地域貢献事業の枠を越え
静岡のみなさんと共に静岡の未来をつくり上げていく「地域共創」に取り組んでいきたいと考えました。
そのひとつが、この「BRIDGE SHIZUOKA」です。

会場は静岡ガス本社の中にある小さなショールーム、参加者も20人と少人数です。
私たちは参加者全員の顔が見える距離で、まず、小さなイベントを開催することにしました。
多様な価値観を持ったみなさんが、ゲストである各分野のトップランナーの言葉をヒントに
静岡の未来を本気で考え、アクションを起こす。
目指すのは「知の広場」のようなものです。

生まれるものは、とてもシンプルで小さな芽です。
でも丁寧に、実直に積み重ねていく先に、揺るぎないものが築かれることを、私たちは知っています。

他人ごとから自分ごとに。ひとりからみんなに。そして、思いから行動に。
次のステージへ続く、たくさんの橋が架かることを願って。
みなさんのご参加を、心からお待ちしています。

PROGRAM

開催情報

2022
5/12
終了しました

vol.5 防災シリーズ@
レジリエントな自分とまちであるために

満員御礼!たくさんのお申込みありがとうございました。
当日の様子は こちら でご覧いただけます。


自然災害はもちろん、新型コロナウイルスも災害のひとつ。急激な社会の変化や錯綜する情報に、私たちは戸惑い、不安を抱えた日々を過ごしています。いつかくる大災害に私たちは、まちは、どう向き合うことができるのか。「防災」をテーマに2回連続で開催します。

みなさんは、災害時の「こころの状態」について考えたことはありますか。地震や水害による被害が発生した時、大勢の人が集まる場所での避難、そして多様な人々と共同生活をする避難所。いつもの環境を保つことができなくなっても、パニックやトラブルを起こさず柔軟に対応できる、そんな「レジリエントな自分やまち」であるために、私たちが踏み出せる一歩は何でしょうか。 今回のゲストは静岡市消防局山岳救助隊員であり、世界的な山岳レースでも活躍されている望月将悟さん。望月さんは極限状態の中であっても、要救助者やライバル選手に自ら声をかけ落ちつかせるそうです。予測のできない自然を相手に、常に緊急事態を想定し訓練を重ねるプロフェッショナルにヒントをいただきながら、災害時の心の持ちようについて考えてみたいと思います。

日 時 2022年5月12日(木)18:30〜(18:00受付開始)
※新型コロナウイルス感染状況次第で、延期する可能性ございます。
会 場 静岡ガス エネリアショールーム静岡
参加費 無料
定 員 20名 ※先着順 ※18歳以上の方がエントリーいただけます。

Guest

静岡市消防局千代田消防署しずはた出張所(山岳救助隊)
望月将悟 氏
Shogo Mochizuki

静岡市出身。1997年静岡市消防局に入局し、2003年に山岳救助隊員に。国体の山岳競技や山岳レースに数多く出場。富山県から静岡市まで日本アルプスを通り415キロを走る山岳レースTJARでは4連覇達成。その強さだけでなく、どんな人に対しても丁寧で、やさしく接する人柄から幅広い世代の人に慕われている。44歳。

Moderator

村越真氏
Shin Murakoshi
国立大学法人静岡大学教育学部 教授

静岡市出身。1988年から静岡大学教育学部勤務、2003年教授。専門は認知心理学で、複雑な自然環境の中での適応的行動の背後にある心的プロセスを探る。リスクマネジメント研究の一環で、2017年南極観測隊に参加。静岡大学防災総合センター副センター長も務める。欧州発祥のアウトドアスポーツ・オリエンテーリングの第一人者で、全日本選手権22回優勝の実績を持つ。61歳。

Schedule

18:00
受付開始
18:30
ゲストトーク

ゲストとモデレーターとの掛け合いを中心に、テーマに沿って話を深めます。

20:00
全体トーク

参加者も交えて議論を深めていきます。

21:00
終了

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組み

みなさんに安心してご参加いただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大の防止、感染リスクの低減策として以下の取り組みを行います。ご理解、ご協力をお願い致します。

BRIDGE SHIZUOKAの取り組み
・アルコール消毒液を設置し、清掃・換気を徹底します。
・スタッフのマスク着用と検温の実施をします。
・参加人数を縮小し感染防止を考慮した会場レイアウトにします。

参加者のみなさんへのお願い
・入場時に消毒のご協力をお願いします。
・事前の検温実施とマスク着用をお願いします。
・体調に不安のある方、感染が疑われる方の参加はご遠慮ください。

REPORT

vol.5
VOL.4

テーマ 防災シリーズ1.レジリエントな自分とまちであるために

予測のできない自然を相手に、常に緊急事態を想定し訓練を重ねるゲストを招き、災害時の心の持ちようについて考える。

ゲスト

望月将悟氏/静岡市消防局
vol.4
VOL.4

テーマ 職場が変われば、まちが変わる

静岡発の全国的なワインブランドを築き、様々な立場から会社を見つめてきたゲストを招いて、「働く場所としての静岡」の魅力と課題を考える。

ゲスト

種本祐子氏/ヴィノスやまざき
vol.3
VOL.2

テーマ 移り住みたいまちには、何があるのか?

静岡という土地を知り、移り住むことを経験したゲストの視点を参考に、魅力的なまちとは何かを考える。

ゲスト

菊地徹氏/栞日
vol.2
VOL.2

テーマ まちの力、つなぐ力〜東日本大震災から10年

宮城県石巻市の「復興にとどまらないまちづくり」のキーマンを招き、いつか来る災害と、人と人のつながりのあり方を考える。

ゲスト

松村豪太氏/ISHINOMAKI2.0
vol.1
VOL.1

テーマ スポーツは、地域を元気づけるか?

静岡に誕生した2つのプロスポーツチームの看板選手を招いて、地域密着型のスポーツの可能性について考える。

ゲスト

大石慎之介選手/ベルテックス静岡
佐野淳哉選手/レバンテフジ静岡
vol.0 Pre-event
VOL.0 Pre-event

テーマ 街のためにできること

新型コロナウイルスで元気を失った静岡の街を少しでも奮い立たせようと、自ら考え、行動した方を招き、「街のためにできること」とは何かを考える。

ゲスト

坂本サジット氏/SERENDIB(セレンディブ)号
井上泉氏/YUIプロジェクト
小泉卓登氏/#おうち先生
VENUE

会場のご案内

静岡ガスエネリアショールーム静岡

〒422-8076 静岡県静岡市駿河区八幡1丁目5-38
JR静岡駅南口より徒歩7分
駐車場・駐輪場完備
静鉄電車:「日吉町」駅から徒歩8分
バス:停留所「エネリア静岡ショールーム前」すぐ、停留所「栄町」から徒歩3分


お問い合わせ

静岡ガス株式会社 BRIDGE SHIZUOKA事務局

ページの先頭へ