トップページ > ガス > ガス料金の計算方法

ガス

ガス料金の計算方法

検針

当社は、供給区域を複数の検針区域に分け、あらかじめ定めた日に毎月1度検針(定例検針)を行います。この定例検針を行う日を定例検針日といいます。
当社はその他、ガスのご使用開始時(開栓日)、ご解約時(閉栓日)等の際にも検針を行います。

「静岡ガスからのお知らせ(検針票)」の見かたはこちら。

「払込票付検針票」の見かたはこちら。

料金算定期間

「料金算定期間」とは、検針日の翌日から次の検針日までの期間をいいます。
なお、検針日が定例検針日以外の場合は下記の取り扱いとなります。

  • 開栓直後・・・開栓日から定例検針日まで
  • 閉栓時・・・定例検針日の翌日から閉栓日まで
  • 開栓閉栓・・・開栓日から閉栓日まで

使用量の算定

静岡ガスでは、前回検針日と今回検針日のガスメーターの読み(指針)により、料金算定期間のご使用量を計算します。

ガスメーターを取り替えた場合は、取り外したガスメーターと取り付けたガスメーターのそれぞれで算定した使用量を合算して、料金算定期間のご使用量とします。※使用量の単位は、立法メートル(m³)です。
毎月のガスのご使用量は、「ガスご使用量のお知らせ」(検針票)にてお知らせしております。

料金計算

■通常計算

ガス料金=基本料金(税込)+従量料金
(従量料金=従量料金単価(税込)*×ガス使用量)

■日割計算

ガス料金=日割計算後基本料金+従量料金
(日割計算後基本料金=基本料金(税込)
×料金算定期間の日数/30)
(従量料金=従量料金単価(税込)*×ガス使用量)

■日割計算の条件

  • 定例検針時・・・料金算定期間の日数が24日以下あるいは36日以上
  • 開栓、閉栓時・・料金算定期間の日数が29日以下あるいは36日以上

(ただし、当社の都合により料金算定期間が36日以上となる場合は、日割計算を行いません。)
*従量料金単価は、原料費調整制度により毎月調整します。

計算例

■通常計算

(前提)

料金算定期間30日(1ヵ月計算)
ガス使用量=30m³(適用する料金表C)
当計算例で使用する従量料金単価(税込)
=2019年7月適用の従量料金単価(税込)
(注)毎月従量料金単価は見直されます。(詳しくは原料費調整制度をご覧ください)

計算方法

基本料金(税込)+(従量料金単価(税込)×使用量)
=1,404.00円+(183.11円×30m³)
=6,897円

■日割計算

(前提)

料金算定期間10日
ガス使用量=10m³(1ヶ月換算30m³→適用する料金表C)
当計算例で使用する従量料金単価(税込)
=2019年7月適用の従量料金単価(税込)
(注)毎月従量料金単価は見直されます。(詳しくは原料費調整制度をご覧ください)

計算方法

(基本料金(税込)×料金算定期間の日数/30)+(従量料金単価(税込)×使用量)
=(1,404.00円×10/30)+(183.11円×10m³)
=468.00円+1,831.1円
=2,299円

        

託送料金相当額

託送料金相当額のご案内

■託送料金相当額のご案内はこちら。

■託送供給約款についてはこちら。

        

お問い合わせお客さまコンタクトセンター

FAX 054-287-0701

● 一部のIP電話などナビダイヤルをご利用になれない場合は、
次の電話番号におかけください。

静岡
054-285-2111
富士・富士宮
0545-52-2260
東部(沼津・三島他)
055-927-2811

受付時間

月曜日〜金曜日【8:45 〜 19:00】    /    土・日・祝日・年末年始(12月29日〜1月4日)・5月1日【8:45 〜 18:00】

月曜日〜金曜日
【8:45 〜 19:00】

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月4日)
5月1日
【8:45 〜 18:00】