静岡ガス

PEOPLE

尾崎 健士

システムという側面から、
関係する皆さまに貢献していきたい

尾崎 健士Takeshi Ozaki

法経学部 法学科卒

事業推進部 ICT企画担当

2007年入社

<これまでの経歴>
コーポレートサービス部経理担当 → 静岡支社総務グループ → 業務高度化推進室 → 静岡ガス・システムソリューション出向 → 現職

ICT企画担当としてシステム構築プロジェクトの取り纏めを担当しながら、静岡ガス労働組合の役員として働き方を考える顔も持ち合わせる。

  • コツコツ取り組む
  • 縁の下の力持ち
  • 社員をサポート
尾崎 健士

直接いただく感謝の言葉はやっぱり嬉しい

新しいシステムの導入や業務内容の変更に合わせたシステムの改修などの際に、業務部門とシステム開発のグループ会社「静岡ガス・システムソリューション」の橋渡し役として、導入計画の策定や検討、またシステム構築プロジェクトの全体取り纏めを担当しています。お客さまをはじめ、当社に関係する皆さまにご満足いただけるよう、システムという側面から貢献したいと常日頃から考えています。プロジェクトを進めるうえでは、思いどおりにいかない事態が発生することもしばしばあり、その対応に苦心することもありますが、課題を解決するために頭を悩ませながらも、無事にシステムを稼働させられたときには大きな達成感を味わうことができます。またシステムを使う現場の社員から、直接感謝の言葉をいただくこともあるので、システムが実装されたあとにやりがいを感じます。

尾崎 健士

より広く多角的に物事を考えられるように

システムの導入にあたっては、はじめに「要件定義」という工程があります。これは導入するシステムがどのような目的でつくられるものなのか、そのためにどのような機能を持っているのかなどを明確にする作業のことです。システムの導入では、思っていたものと異なる方向に進んでいくことが往々に起こりうるので、最初に立てた道筋に沿って進んでいるかこまめに確認して、プロジェクトに関わる他の部署の人たちと認識を共有し、二人三脚でやっていくことが大事です。私は仕事柄、多くの社員と接する機会がありますが、味のある魅力的な社員がたくさんいると感じています。これは地域に密着した当社だから出ているカラーであり、都会の大企業には無い強みではないかと個人的に思います。今後は、より幅広い分野の知識を培い、多角的に物事を考えられる人材になりたいです。

誰もが何かひとつ光るものを持っている

近年はエネルギーを取り巻く環境も変わり、変わりゆく時代に合わせ、当社も変化を続けています。私は最初から「これがやりたい!」というものがなくても大丈夫だと考えています。誰もが何かひとつ光るものを持っていて、当社は幅広く事業を展開をしていますので、必ずその個性が活かせる場所があるのではないかと思います。多様な社員がいて、多様な視点で意見を言い合えることが、会社の成長に繋がるのではないでしょうか。ぜひ皆さんの新鮮な意見をください。一緒に頑張りましょう!

ある1日のスケジュール

9:00 打ち合わせ:システム開発会社と進行中案件の進捗確認
10:00 システムベンダーより新システムの提案
12:00 昼食:労働組合の役員も務めているため、組合事務所で食べます
13:00 打ち合わせ:稼働予定のシステムについて残課題等を検討し、スケジュール通り進めるかを判断
15:00 机上作業
17:30 労働組合の打ち合わせ