静岡ガス

PEOPLE

奥田 龍治

ここなら、自分の軸を実現する方法が、
無限にある

奥田 龍治Ryuji Okuda

工学研究科 機械工学専攻卒

マルチエネルギー事業本部 産業エネルギー部
産業エネルギーグループ

2013年入社

<これまでの経歴>
導管ネットワーク事業部 → マーケット開発部 エリア開発グループ → 静岡ガス・エンジニアリング ソリューショングループ出向 → 現部署

産業用顧客新規需要の開拓営業を担当。都市ガス供給区域の全てが営業活動エリアとなるため、静岡県各地の開拓に尽力している。

  • チームで達成
  • 大きな仕事がしたい
  • 挑戦したい
奥田 龍治

あらゆる問題を解決できる営業マンに

産業エネルギー部のガス販売量は全体の約半分を占め、当社の柱ともいえる産業用のお客さま向けサービスを展開しています。そのなかで私が担うのは、他燃料から都市ガスへの切替や新工場への都市ガス導入、SHIZGASでんきへの切替など、新規需要の開拓営業です。新規需要だけに、ひとつのプロジェクトが完結するのには早くとも1年、なかには数年かかるようなものもあります。その分、苦労して手掛けたプロジェクトが無事に終わって、お客さまにガスをお使いいただいたときの達成感は特別です。いまはとにかくお客さまの声を多く引き出し、抱えているお困りごとを吸い上げ、ガス・電気だけではなく、あらゆる切り口から問題解決できる営業マンを目指しています。実績を積み上げ横展開し、全国から「これがあるから静岡に進出したい」と感じてもらえるような、新たなサービスの開発に繋げていきたいです。

奥田 龍治

「この仕事を目指していた」と言える

静岡ガスには、考えたことを挑戦させてくれる文化があります。私自身、自分の意見を上司に伝え、的確なアドバイスをいただき、さらに自分の意見をブラッシュアップできた経験が何度もありました。とくに若手社員層に対しては、成長支援も多く設定されており、自分を高める環境が整っているところが魅力です。例えば、全社で取り組んでいる「対話力向上プロジェクト」は、まさに社内コーチとの対話のなかから気づきを得られる試みです。入社以来、いろいろな部署に異動する度に、分からないことにぶつかってきましたが、目の前のことを精一杯やることで乗り越えてきて、振り返るとイキイキと働けていると感じます。それは私の考える軸とマッチしていたからこそです。いま私は「この仕事を目指していた」と胸を張って言えます。

揺るがない自分の軸を見つけること

「エネルギーで地元である静岡の発展に貢献したい」との想いで、静岡ガスへの入社を決めました。この軸は入社以来、さまざまな部署を経験するなかでも揺らいだことはありません。そしてこの軸を実現する方法が無限にあることには、入社してから気づけました。入社しないと分からないことのほうが多いなかで、自分に合った会社を選ぶことは簡単ではありません。まずはちょっとやそっとでは揺らがない自分の軸を見つけることが、イキイキと働くための近道だと思います。

ある1日のスケジュール

8:45 出社:メールチェック、お客さまや関係部署と電話連絡
10:00 資料作成
12:00 ランチ:チームメンバーと営業の情報交換やアドバイスをし合う大事な時間です。
13:00 移動
14:00 営業中の工場で現地調査
17:00 帰社:上司と午前中作成した資料の打ち合わせ
17:30 お客さま訪問の準備:頭の中で何度もシミュレーションをして本番に備えます。