静岡ガス

PEOPLE

栗原 道之

歴代の先輩が築いた関係を、
さらに強固なものに

栗原 道之Michiyuki Kurihara

経営学部 会計学科卒

くらし事業本部 マーケット開発部
ルート開発グループ

2010年入社

<これまでの経歴>
東部支社エリア開発グループ → 富士支社エリア開発グループ → エネリア静岡中央店出向 → 静岡ガスリビング事業計画推進部 → 現部署

お客さまと対話し続ける営業のプロフェッショナル。静岡第一チームの中心メンバーとしてはもちろん、お客さまからの信頼も厚い。

  • ありがとうが聞きたい
  • チームで達成
  • マーケットを分析
栗原 道之

エネルギーの変化にこそ働く魅力がある

ガス灯から家庭の炎やお湯へと変化し、静岡ガスは100年以上業界をリードしてきましたが、東日本大震災以降、公共性の高いエネルギー業界も大きな転換期を迎えました。私が所属するグループは、静岡エリアの主にハウスメーカー、工務店、建築会社などに、都市ガスを中心とした快適なくらしの商材を提案する部門です。住宅の新築市場では、長年オール電化住宅が人気でしたが、その後「エネファーム」というガスを利用して発電もできるシステムがつくられ、「ウィズガス住宅」を提案できるようになりました。私が入社したころはガス自由化という言葉もなかったなかで、エネルギーは常に変化していく。そこに当社で働く魅力があると思いますし、私の仕事の社会的貢献が大きいことを感じています。

栗原 道之

栗原に相談すればなんとかなる

入社したばかりのころ、以前の営業マンが訪れたことのない初めてのお宅を訪問する機会がありました。やってみると、「思ったよりできる!」と感じられたり、「負けられない」というプライドが芽生えたりしました。現在のルート営業の仕事は先輩方が築いた関係を引き継ぐことが多いですが、歴代の先輩方がつくってくださった良い関係を壊さずに、さらに強固なものにしていきたいと思います。大切にしていることは、常にお客さま目線であること。相手の立場になり、その方が快適なくらしができるような提案をすることを心がけています。そこで「この提案はいいね!」と言っていただけると嬉しいです。そして「静岡ガスといえば栗原」「栗原に相談すればなんとかなる」と思っていただけるように努めています。

「自分が会社を選んでやる」の気概で

就職活動中、私は東京の大学に在学していましたが、当初から「就職は生まれ育った静岡でしよう」と考えていました。そのなかで公務員という選択肢も考えましたが、「地元静岡の民間企業で堂々と地域社会に貢献したい」と考えるようになりました。採用面接の際、得てして内定欲しさに面接官に迎合してしまいがちですが、逆に「自分が会社を選んでやる」ぐらいの気概でいいと思います。会社に入ったあと後悔しないように、自分の想いを思い切り会社にぶつけてみてください。

ある1日のスケジュール

9:00 メールのチェック等事務処理
10:00 リフォーム(エネファーム設置工事)の現場調査
12:00 昼食
13:00 ハウスメーカー訪問
14:00 展示場巡回(清水区、葵区、駿河区、藤枝)
17:00 帰社:見積の作成
17:30 図面の作成