静岡ガス

PEOPLE

伊藤 美咲

目指すのは、かつてどこにでもあった
「町の便利な電気屋さん」

伊藤 美咲Misaki Ito

国際関係学部 国際言語文化学科卒

くらし事業本部 くらしデザイン部
お客さまグループ

2012年入社

<これまでの経歴>
富士ショールームチーム → 富士支社 エリアサポートグループ → マーケティングググループ → 現部署

暖房機や家電の販促を行う営業推進チームに所属し、いま一番やりたかった仕事ができているという。

  • 社員をサポート
  • 新たな価値を創る
  • マーケットを分析
伊藤 美咲

「何の、どこが、どういいのか?」を伝える

現在、私が所属するチームの役割は、お客さまに「くらしをより豊かにするサービスを提供すること」です。私の担当商材は、ガス暖房機と家電製品。「なぜガス会社なのに家電製品?」と意外に思うかもしれませんが、1年を通じてお客さまのくらしに寄り添い、どのようなことでも静岡ガスに任せたいと思っていただくために、さまざまな商品やサービスを提案しています。そのとき、プランや商品の良さが伝わらなければ売れないので、提案資料やチラシの内容など伝え方が本当に大切です。そのため、お客さま、販売店の担当者、スーパーバイザーの皆さまに、「何の、どこが、どういいのか?」を分かりやすく分析し、自分の言葉でしっかりと伝えるようにしています。社内外の方々から「伊藤さんに任せれば大丈夫」と思ってもらえることが目標です。

伊藤 美咲

やりたかった仕事でいまが一番楽しい

静岡ガスは「お客さまに選ばれ続ける会社であるためには何ができるか?」と社員全員が考え、それぞれのフィールドで自分ができることに取り組んでいる雰囲気が魅力だと思います。若手にも責任ある仕事を任せてくれますし、自分の裁量で物事が進んでいくことに、責任を感じるとともにやりがいを感じます。また静岡ガスでは私が子どものころから毎年「ガス展」が開催され、これは地域への謝恩としての役割もありますが、当時は顧客として家族で来場するのが楽しみでした。現在では「エネリア祭」という名前になり、私はイベントを企画する側になり、会社のことや新商品を知ってもらうための絶好の機会に変わりました。目指すところは、かつてどこにでもあった「町の便利な電気屋さん」です。このようなイベントのチラシや販売促進のパンフレットなどをつくることは、以前からやりたかった仕事であり、いまが一番楽しいです。

堂々と自分のことを話してみて

入社前は静岡ガスに「100年以上続くガス会社」ということでお堅いイメージを抱いていましたが、実際に入社すると新しいことにどんどん挑戦する企業だということがわかりました。私は就職活動の面接の際、「自慢できるような経験も長所もない」と正直に話したところ、社長がそこを私の個性と見てくださり、「一緒に頑張ろう」と言ってくれました。会社側は学生のことを知りたいと思っていますし、ふとしたところにも個性を見出してくれます。ぜひ堂々と自分のことを話してみてください。新しい仲間と一緒に働けるのを楽しみに待っています。

ある1日のスケジュール

8:20 出社
8:45 担当商材の昨日の販売台数、売上をチェック
9:00 スーパーバイザーと打ち合わせ:お客さまにとって良い商材であるか、販売店へどのように販売に取り組んでいただくか、現場目線の意見をスーパーバイザーからもらいます。
11:00 社内資料作成
12:00 お昼休み
13:00 プロモーション企画のための打ち合わせ:駅広告、Web広告、テレビCMなど、お客さまにガス暖房機の良いところをPRし、販売店の営業マンの提案を後押しするための内容を考えます。
16:00 県東部の販売店へ移動
17:00 新商品の勉強会
18:00 退社