静岡ガス

PEOPLE

福田真也

ガス供給の全てを担う責任の重さは、
1番のやりがいになっている

福田 真也Shinya Fukuda

環境情報学府 環境システム学専攻卒

清水エル・エヌ・ジー 生産グループ出向

2010年入社

<これまでの経歴>
清水エル・エヌ・ジー出向 → 静岡ガスエネルギー出向 → 現職

静岡ガスエネルギー エネルギー技術グループへの異動を経て、これまでの経験からチームの中心として活躍している。

  • 技術でサポート
  • コツコツ取り組む
  • 縁の下の力持ち
福田真也

地域のエネルギーを支える責任ある仕事

清水エル・エヌ・ジーは静岡ガスが所有する県内唯一のLNG(液化天然ガス)基地であり、ここで都市ガスを製造しています。所属する生産グループは製造設備の管理・操業の役割を担っており、私個人としては整備対応に関するオペレーションマニュアルの作成、品質管理担当として送出ガスの品質結果の報告、また品質に関する新しいオペレーションの考案や試験運用をおこなっております。静岡ガスの全需要家へのガス供給を担っていることから責任は重いですが、その分地域のエネルギー基盤を支えているという実感は大きく、携わっている仕事の影響力の大きさというのが、1番のやりがいだと思っています。

福田真也

チームの意識が必要不可欠

業務を進めるうえで大切にしているのは、視野を広く持ち、周囲と協調することです。過去には自然災害や機器トラブルによる製造停止危機もありました。基地は広くて設備も多いので、トラブルが発生した場合はひとりで対応することはできません。その中で日々の訓練で培った非常時対応力を発揮し、現場やコントロールセンター、外部の関係部署と連携して素早く対応し、グループ一丸となって乗り越えることができました。こういった場面では、やはり日常の姿勢が出てきますので、個人ではなくチームの意識を常に持っていたいと思います。今後の目標としましては、いずれ基地事業に関するプロジェクトのリーダーを担うことです。

いまの業務や経歴に捉われないように

私は大学・大学院で化学系を専攻し、材料研究をしていました。メーカーで開発職をする道も考えましたが、ガス会社であれば自分が違った視点を与えられる存在になれるかも、と思い入社を決めました。現在は弊社を事業環境の変化に対応できる強い会社にしていくため、そこに役立つ存在になりたいと思っています。私の考える変化に強い会社とは、多様な人材が在籍しており、状況によってさまざまな社員が持ち味を活かせる会社です。求職者の皆さんも、現在のガス会社の業務内容やご自身の経歴に捉われずに、入社を選んでいただければと思います。

ある1日のスケジュール

8:00 出社・朝礼
8:30 各種オペレーション業務:DCSボード巡回・整備対応・定例作業
12:00 休憩
13:00 各種オペレーション業務:整備対応・プラントトピックス対応
14:00 地震対策検討WG会議
16:00 事務処理:品質管理報告書・会議議事録作成など
17:00 夕礼・帰宅