設備概要

ホーム > 設備概要

袖師基地でLNGを都市ガスに

LNG船から荷揚げされたLNGは、受入配管を通ってLNGタンクへ。さらにLNG気化器で必要な量をガス化します。
熱量調整設備で熱量を調整した後、付臭剤を加えて、都市ガス(13A)としてご家庭やオフィス、工場へお届けします。

モス型
船 籍 日本
LNGタンク容量 約145,000m³(68,000t)
総トン数 約119,000トン
全 長 約289.5m

メンブレン型
船 籍 マレーシア
LNGタンク容量 約137,000m³(63,000t)
総トン数 約94,000トン
全 長 約276.0m

LNG船

マレーシア、オーストラリア等のガス田で液化された天然ガス(LNG)はLNG船に積み込まれ、1週間から数週間の航海を経て袖師基地に到着します。

アンローディングアーム

LNG船からLNGを受け入れる荷役設備。LNGは、船内タンクからこのアームを通ってLNGタンクに送られます。

液アーム 16インチ3本
ガスアーム 16インチ1本

LNGタンク

受け入れたLNGを貯蔵するタンク。3基のタンクで約34万キロリットルのLNGが貯蔵できます。LNGはマイナス162℃の超低温です。

  容量
1号LNGタンク 82,900kl
2号LNGタンク 94,300kl
3号LNGタンク 160,000kl

※型式は全て地下式

BOG圧縮機

LNGタンク内で気化したガス(BOG:ボイル オフ ガス)を加圧して、都市ガス原料の一部にします。

能 力 5.5t/h×4基
型 式 往復動式

LNG気化器

LNGを気化して天然ガスにする装置。アルミ合金製のフィン付チューブの中を流れる超低温のLNGに、外側から海水をかけてガス化します。

製造能力 26.4t/h×5基
110t/h×3基
型 式 オープンラック式

熱量調整設備

LNG気化器で気化された天然ガスにLPGを加え、所定の熱量(45MJ/m³)に調整します。

付臭室

天然ガスは無臭です。万一のガス漏れの際にも臭いを検知できるよう、付臭剤を注入します。

付臭タンク 4.3m³×1基

ローリー出荷設備

近隣の都市ガス事業者等へ、ローリー車でLNGを出荷します。

LNG専用 4アイランド
LNG/LPG兼用 3アイランド

付臭室

タンクに受け入れたLNGをLNG船に積み込みます。

LNG移送ポンプ 1,000m³/h×6基

このページの先頭へ