ニュースリリースNews Release[ ニュースリリース一覧 ]
9月4日
家庭用燃料電池フィールドテスト 〜 第2回目公募を開始 〜

 静岡ガス株式会社(取締役社長 岩崎清悟)は、(財)新エネルギー財団が実施する定置用燃料電池大規模実証事業に呼応し、家庭用燃料電池を昨年公募によって決定した当社お客さまに設置してフィールドテストを実施しています。
 このたび、フィールドテストを実施する家庭用燃料電池を新たに4台設置することになり、下記のとおりご協力いただけるお客さまを募集します。
1.目  的
一般のご家庭に家庭用燃料電池を3年間設置。データを収集・分析し、製品の改良に生かします。
2.応募方法
当社従業員より説明を受けていただき、ご了解された方に応募用紙をお渡しします。
応募される方は、応募用紙に記載の宛先まで郵送してください。
詳しくは、054-284-7980(受付時間 月〜金10:00〜18:00)にお電話いただくか、ホームページ<こちら>をご覧ください。
3.公募期間
平成18年9月4日(月)〜9月29日(金)必着
4.公募件数
4件
5.選考基準
メンテナンス体制の関係等から、設置先は静岡市内で都市ガスをお使いのお客さまに限らせていただきます。
限られた期間で多くのデータを集めるため、エネルギー使用量の多い方を中心に選考します。 また、設置スペースや施工性も考慮します。
 フィールドテストには、同事業に参加する東京ガス鰍フ家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「LIFUEL(ライフエル)」を使用します。「ライフエル」は、都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで発電し、同時に発生する熱を利用し給湯も行うというエネルギー効率の高いコージェネレーションシステムです。これにより地球温暖化の原因物質であるCOの排出量が従来のシステムに比べ約40%、1次エネルギー消費量も約26%削減可能となることから、地球温暖化対策の一つとして期待されています。
以上

BACK / TOP / NEXT