ニュースリリースNews Release[ ニュースリリース一覧 ]
10月31日
原料費調整制度に基づく1月〜3月のガス料金について

 静岡ガス株式会社(取締役社長 大石司朗)は、原料費調整制度(注1)に基づき、平成18年1月〜3月検針分のガス料金の従量料金単価の見直しを行いました結果、下表のとおり、前期平成17年10月〜12月検針分に比べ、+3.40円/m3(税込)の調整をさせていただきます。
 これは、今回平成17年7月〜9月におけるLNG及びプロパンの価格(貿易統計)に基づき算定される平均原料価格(注2)が、前回に比べ上がったため(4,010円/トン)です。モデル世帯(注3)の1ヵ月あたりガス料金への影響は、平成17年10月〜12月検針分に比べ、170円(税込)の値上がりとなります。

料金適用期間 基 準 平 均
原 料 価 格
平 均 原 料 価 格 変 動 額 調 整 額
期  間 価  格
H18/ 1〜3月
検針分適用
円/トン
30,240
H17
7〜9月
円/トン
36,070
円/トン
+5,830
円/m3(45MJ/m3
+4.93
H17/ 10〜12月
検針分適用
円/トン
30,240
H17
4〜6月
円/トン
32,060
円/トン
+1,820
円/m3(45MJ/m3
+1.53

45MJ地区 H18/ 1〜3月
検針分
H17/ 10〜12月
検針分
影 響
従量料金単価(注4)
円/m3  
170.93 (税込)
円/m3  
167.53 (税込)
円/m3  
+3.40 (税込)

注)1. 原料費調整制度とは、経済情勢の変化を迅速に反映した料金とするため、原料費の変動に応じ3ヵ月ごとに料金を見直す制度です。
2. 平均原料価格は以下の算式により求められます。
平均原料価格=トン当たりLNG平均価格×0.9820+トン当たりプロパン平均価格×0.0195
(算定結果の10円未満の端数は四捨五入)
尚、基準平均原料価格は平成17年1〜3月を算定期間としています。
3. モデル世帯とは、標準的な4人家族世帯を想定し、ガス使用量は、50m3/月にて換算してあります。
4. 従量料金単価は、標準家庭の使用量に対応する供給約款の料金表Cの単価を記載しました。


以 上

BACK / TOP / NEXT