トップページ > ガス > 原料費調整制度

ガス

原料費調整制度

原料価格(財務省・貿易統計値)

2020年4月から2020年6月の四半期の原料価格は次のとおりです。
LNG平均価格トンあたり50,520円
プロパン平均価格トンあたり36,080円

平均原料価格

トン当たり49,890円

(算式)50,520円×0.9424+36,080円×0.0633
=49,893.912円
⇒49,890円(10円未満の端数は、四捨五入)

平均原料価格-基準平均原料価格

=49,890円-83,090円
=-33,200円
原料価格変動額は-33,200円となります。(上記算式の算定結果の100円未満の端数を切り捨て)

調整額の算定

調整額

=0.082円/m³×(原料価格変動額/100円)×(1+消費税率)
=0.082円/m³×(-33,200円/100円)×1.10
=-29.9464円/m³
⇒-29.95円/m³(算定結果がマイナスの場合は、小数点第3位以下の端数を切り上げ)
基準料金単価(税込)から-29.95円(税込)の調整となります。

適用従量料金単価

今月(2020年9月)適用の従量料金単価は、上記の平均原料価格を適用いたします。
料金算定期間の末日が2020年9月1日から2020年9月30日に属する料金算定期間の料金は以下をクリックしてください。

その他の選択約款メニューにつきましては、詳細は静岡ガスまでお問い合わせください。