ニュースリリース

マレーシアLNG社とのLNG売買に関する主要条件覚書の締結について

2012年9月10日

静岡ガス株式会社(取締役社長:戸野谷 宏)は、マレーシアLNG社との間で、本日、LNG売買に関する主要条件覚書を締結しましたのでお知らせいたします。

当社は、1996年度よりマレーシアLNG社からLNG購入を行っておりますが、現契約が2016年3月で契約期間の満了を迎えることから、2016年4月以降のLNG購入に関する協議を行い、このたびマレーシアLNG社との間で基本合意に達しました。

今後、静岡ガスとマレーシアLNG社は、本合意に基づき、売買契約の締結に向けて協議していくことになります。

静岡ガスとマレーシアLNG社は、LNG導入当初から今日に至るまで信頼関係を深めてまいりました。今回の合意により、引き続き、マレーシアLNG社から安定的なLNG調達を継続していくことになります。

当社は、今後とも、天然ガスの普及・拡大を通じて地域社会の発展に寄与するとともに、低炭素社会の実現に貢献してまいります。

LNG売買に関する主要条件覚書の概要

売主 マレーシアLNG社
買主 静岡ガス
契約期間 2016年4月から2026年3月(10年間)
数量 年間33万トン
受渡条件 着桟渡し(Ex-Ship)

マレーシアLNG社の概要

社名 Malaysia LNG Sdn. Bhd.
所在地 マレーシア国サラワク州ビンツル
設立 1978年6月14日
事業内容 LNGの生産、貯蔵ならびに積出し、輸送・販売
株主 ペトロナス社(マレーシア国営石油会社)90%
マレーシア・サラワク州政府 5%
三菱商事株式会社     5%

マレーシアLNGプロジェクトの位置

以上