ニュースリリース

新しい原料費調整制度の導入について

2009年6月5日

静岡ガス株式会社(取締役社長 岩崎清悟)は、新しい原料費調整制度を導入することを内容とする一般ガス供給約款・選択約款の変更を、本日、関東経済産業局長に届出いたしました。
新しい原料費調整制度は、平成21年8月検針分のガス料金より適用いたします。


今回の変更は、原料費調整制度に関連する経済産業省令が3月に改正されたことを受けて実施するものです。 新しい原料費調整制度は、原料価格変動がガス料金に反映されるまでの期間を短縮することおよび料金変動の平準化を図ることを目的としており、主な変更点は以下のとおりです。

新たな原料費調整制度の主な変更内容

  • 現行では3ヵ月ごとに実施しているガス料金の調整を毎月実施します。
  • 平均原料価格をガス料金に反映させるまでの期間を、現行の中3ヵ月から中2ヵ月へ短縮します。

なお、新しい原料費調整制度を適用した8月検針分のガス料金は、6月末の貿易統計値公表後にお知らせいたします。

以上
※参考資料:原料費調整制度の新旧比較・料金反映の仕組み [PDF: 69KB]