トップページ > マイホーム発電

マイホーム発電

マイホーム発電の我が家の例

エネファームがあれば、いつもどおりのくらしが“エコなくらし” に。 地球と家計に優しい、無理なく快適なエコライフは、ご近所に自慢したくなっちゃう。 静岡ガスは、“ガス” から“でんき” をつくる、マイホーム発電をご提案します。 その理由は、マイホーム発電は地球に、地域に、そして何よりもあなたに優しいから。 エネファームのあるくらしを、すこし覗いてみませんか?

エネファームの特徴

マイホーム発電のしくみ

エネファームは、発電と同時に作られる熱でお湯を作ります。
いつもどおりお風呂に入ったり、洗い物をしたり。
それだけで、でんきも作ってくれる「エネファーム」は、頑張らないエコの強い味方です。

燃料処理装置
都市ガスと水蒸気を反応させ、水素を取り出します。

燃料電池スタック
都市ガスから取り出された水素と空気中の酸素を化学反応させ、電気と水を発生させます。

インバータ
発電された直流電気を、家庭用の交流に変換します。

熱回収装置
発生する熱を回収し、約60℃のお湯をつくります。

貯湯タンク
つくったお湯を貯めておきます。

バックアップ熱源機
タンクにお湯が貯まっていない時に給湯したり、追い焚きや暖房に使用します。

水素と酸素から「電気」と「熱」をつくり出す究極のクリーンエネルギー

燃料電池の発電原理は水の電気分解の逆プロセス。都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させることにより、「電気」と「熱」が生まれます。
この「電気」と「熱=(お湯)」をムダなく活用して、ムリなく快適なエコライフを。話題の水素エネルギーが実現するクリーンな発電で、最後に排出されるのは水だけです。

エネルギーを無駄にしないところも魅力的!

遠く離れた発電所の場合、発電時に発生する熱はほとんど活用されずに捨てられてしまいます。
エネファームなら電気を使う場所で発電するので、発生した熱もお湯として使うことができ、エネルギー利用効率を86%まで高めました。
※エネルギー利用率はHHV(高位発熱量)基準により算出

いつもどおりのくらしで、CO2も削減します

発電時に発生する排熱でお湯をつくるため、CO2を削減することもできます。
年間の削減量は1.3t。これは、約93 本の杉の木が一年間に吸収するCO2の量に相当します。

地球へエコなことは、家計にもエコ!

「エネファーム」はご家庭で使う電気の約5割をまかないます。さらに、「SHIZGAS でんき」との組み合わせで電気の基本料金までお安く。

エネファームをお持ちのお客さまは、こちらのガス料金プランをお選びいただけます。床暖房や浴室暖房乾燥機をお使いならさらにおトクに!

お問い合わせお客さまコンタクトセンター

FAX 054-287-0701

● 一部のIP電話などナビダイヤルをご利用になれない場合は、
次の電話番号におかけください。

静岡
054-285-2111
富士・富士宮
0545-52-2260
東部(沼津・三島他)
055-927-2811

受付時間

月曜日~金曜日【8:45 ~ 19:00】        土・日・祝日・年末年始(12月29日~1月4日)・5月1日【8:45 ~ 18:00】

月曜日~金曜日
【8:45 ~ 19:00】

土・日・祝日
年末年始(12月29日~1月4日)
5月1日
【8:45 ~ 18:00】